ホームページをメンテナンス

ひたちなジンドゥー茨城さんにて、ホームページを更新作業しています。

その名も「すいすい会」。ジンドゥーでホームページを作っている人が集まって、自習をする場なのです。

いろんな業種の方が集まっていて楽しいですし、講師の先生も親切で丁寧。

近かったらもっといいのになー。

【開催報告】水戸での2級認定講座

ブログの更新が全く手付かず。

でも忙しいを理由にしてはいけないですね。

そうはいいつつも一日があっという間です。

不眠なんて無縁。毎日元気に過ごしております。

 

今年になって既に20本のセミナー、講座を担当させていただいております。

8日は昨年に引き続き今年も水戸市での整理収納アドバイザー2級認定講座を開催しました。

10名の皆様に受講いただきました。

また講師の勉強に、同じ茨城のアドバイザー、大塚奈緒さんも参加してくださいました。

ブログで紹介いただきました。

 

自分のホームページの作り方を合理的だなんて思ったことなかったです。

ちゃんとしなきゃなーとは思っておりましたが。

ぷちぱそさんで今月ホームページ作成の自習タイムがあるので行ってきます。

 

整理収納もホームページも習うより、慣れろ!ですね。

1 コメント

企業内整理収納マネージャーについて

9月に設立した一般社団法人整理収納マネージャ協会。

まだまだ駆け出しで認知度が低い協会なので、ここで宣伝したいと思います。

 

これを読んでいらっしゃる方の中には企業や団体、組織の中でお仕事をされている方もいらっしゃると思います。

皆さんの職場は、片づいていますか?

 

こんなふうに質問したら、おそらく「いやいや、全然片づいてないですよ」

という方が多いのではないでしょうか。

それでも、毎日仕事はできています。

職場にあるものが使いやすく配置され、不要な書類が不要だと分かり、処分しやすい環境だったらもっともっとストレスなく働けるというのは誰もが思うことです。

 

では、誰がそれをやるのか。

 

それは、その職場を使っている人全員です。しかし全員が動くためには指揮をとる人が必要です。

全員の心を一つにするためにもリーダーの存在が不可欠です。

 

そんな整理環境を整えるための陣頭指揮をとるリーダーを育成するのが、企業内整理収納マネージャー講座なのです。

夏からテスト講座を行い、11月からいよいよ本講始動です。

 

ご興味のある方、是非HPをご覧くださいませ。

 

0 コメント

HIPS東京校での2級認定講座

昨日は新宿のHIPS東京校での整理収納アドバイザー2級認定講座。

インテリアコーディネーターを目指す人なら、知らない人はいないくらい合格率の高いスクールです。

住宅に携わる方だけでなく、他業種の方も交えての今回の講座も笑いあり、いや笑いだけではなく資格講座として真剣に担当させていただきました。

 

洋服の整理についての章で、受講生のお一人から「この服レンタルなんです」との話を聞きました。

前列に座られていたこともあり、とても似合ってるなーと心の中で思っていたのです。

 

講座講座終了後にお聞きしたところ、「エアクローゼット」というサービスを利用しているのだそう。

職種や好みのいろなどを入力し、1回に3着送られてきてクリーニングなしで返送。コースにもよりますが、1か月無制限利用でも1万円程度だそうです。

 

一度買って後悔するより、いろんな服を楽しみたい!と思っている人や、自分で選ぶと同じようなものを買ってしまう、なんて人にぴったりのサービスだと思いました。

とても興味があるので、私も週末申し込みをしたいと思っています。

0 コメント

住友不動産様収納セミナー

10月9日、またしても雨の週末。。

水戸内原イオンのイベントスペースで新築そっくりさんのそっくり博が開催され、私も収納セミナーと個別相談会でお手伝いさせていただきました。

 

午前は押入れ活用術、午後はキッチン収納。頻度は低く大きいものが入る押入れと、毎日使うけどこまごましたものの収納に困るキッチン。収納するためには、そこに何を収納するかを考えなければなりません。

短い時間でしたが、我が家を振り返るきっかけになれば幸いです。

イベント企画会社さんからいただいた会場の写真をご紹介。

住まいにお困りの際は、こうしたイベントにお出かけしてプロの話を聞いたり、最新の機器に触れるのもよいかと思います。

耐震のこと、設備のこと。特に住友不動産様は古民家再生に力を入れています。

次回1月にまた大きなイベントがあるそうなので、ぜひ気軽に足を運んでみてくださいね。

2 コメント

整理収納アドバイザー1級講座終了

すっかりブログを放置してしまった!!

・更新する手順が難しい(毎日やれば慣れるのだろうけど)

・帰宅後、疲れて寝てしまう。

・iPhoneにしたため、SDカードを使っての写真の更新ができず更新が億劫

この3点の理由で、おろそかにしていました。

 

8月20日、21日と渋谷で整理収納アドバイザー1級予備講座の講師を担当しました。

現在全国に約67,000名の2級アドバイザー有資格者がいます。資格取得の理由は様々ですが、2級アドバイザーの中で整理収納を仕事にしていきたい、もしくはもっと深く探求したい方を対象の講座です。

 

2日間の講座なため、会社を休んでくる、育児を家族にお願いするなどたくさんの犠牲を払わなければ受講できない講座なのです。大人が学びの場を得るというのは経済的にも時間的にも相当なハードルです。

受講いただいたみなさんに感謝と敬意の気持ちでいます。

 

それにしても、この2日間が台風直撃でなくて本当によかった!今日は作業がキャンセルになったので、家でのんびりしつつ、9月からの講座の準備中です。

茨城インテリアコーディネーター協会

茨城インテリアコーディネーター協会の平成28年度総会がありました。

私自身は資格は持っているもののメインの仕事は整理収納。

けれど、整理収納の先にはインテリアがあります。勉強のために参加させていただいています。

 

インテリアコーディネーター資格登録をしている人は50,000人いるのだそうです。

そのうち茨城のコーディネーター登録者は765人。茨城インテリアコーディネーター協会の会員は25名です。

 

これからは「家の中でどう楽しむか」ということも目が向けられていくと思います。

インテリアコーディネーターがよりよい住環境の提案ができると思っています。

今年度も、生活者セミナーやまちなかフェスティバルなどイベントを企画しています。

私はホームページ・フェイスブック担当として告知がんばります!

 

茨城インテリアコーディネーター協会ホームページはこちら

 

フェイスブックページはこちらをクリック!

 

栃木県身障者福祉連合会様収納セミナー

少し前のご依頼です。

4月2日に、宇都宮市の栃木県身障者福祉連合会様よりご依頼いただき、「がんばりすぎない収納、はじめの一歩」というタイトルでお話させていただきました。

 

当初車で行く予定でしたが、その夜に宇都宮でカウンセラー仲間とお疲れさま会しよう!ということになり、電車とバスを使って会場まで行きました。

宇都宮は講座や作業で時々行きますが、路線バスは初めて。たまにはいいものです。

 

講座にも県内各地からたくさんの方においでいただき、本当に嬉しかったです。

「はじめの一歩」というタイトルなので、収納技というよりは、暮らしを見つめなおすという意識についてお話しました(もちろん私の失敗談もたくさん盛り込みながら)。

 

帰りに、事務局の方から素敵なお花をいただきました。

 

「花束よりも、こちらのほうが長く楽しめると思って」のお言葉に心遣いを感じました。

オアシスに挿してあると1週間は軽くもちます。

甘い春の花の香りが、心を癒してくれます。

 

収納講座に呼んでいただき、私も楽しくお話することができました。

皆さんの笑顔に感謝!

0 コメント

HIPS東京校での2級認定講座

昨日は新宿のインテリアスクール、HIPS東京校主催の整理収納アドバイザー2級認定講座でした。

※スクールのHPはこちら

 

住宅関係の会社は火曜日水曜日お休みの会社が多く、今回もお仕事のスキルアップのために受講されている方もとても多かったです。

なにせ1日講座。長時間の勉強、お疲れ様でした!

 

今回は2級認定講師としてデビュー直前の大澤麻里さんがオブザーブにきてくださいました。

IKEA大好き、コーヒー大好き、インテリア大大好きな元気いっぱいのアドバイザーです。

横浜方面の方、是非彼女に会いに行ってみてください。

私も一日一緒に過ごして、元気のおすそわけをいただいた気分♪

大澤さんのHP、佇まいレシピはこちら

 

3月も明日で終わります。

いろいろあったなー、3月。

その中でもわりと大きな出来事がこれ↓

 

iphone落としました。。。。(正確には娘が)

画面がバリバリでかなり落ち込みましたね。

ドコモの安心パックで機種交換になりましたが、設定が大変でした。

0 コメント

5月開催!1級アドバイザー講座in宇都宮

2003年にハウスキーピング協会が設立されて、たくさんの受講生を出している整理収納アドバイザー2級認定講座。

2級資格取得者を対象に、ハウスキーピング協会1級予備講座を各地で開催しております。

 

が、が!

北関東ではほとんど開催されたことがありません。

2年前に開催した宇都宮講座のみ。

なぜこんなにも開催がないかというと、北関東には講師がほとんどいない。

ほとんど、というか1級講師が私1人しかいないのです。。

 

宇都宮で活躍中のアドバイザーで2級認定講師仲間の小堀愛生さんの「是非宇都宮で開催を!」という声に後押しされ、ついに、5月27日(金)・28日(土)で開催が決定しました!

小堀さんには日程の連絡を皮切りに会場予約など細かく事務手続きをしていただき感謝です。

 

ちなみに、小堀さんは3人のお子さんのママであり、建築士でもあるワーキングママ。

親・子の片づけインストラクター2級認定講座を開催しています。

6月1日につくばでの開催もあるので、子育て中の方是非小堀さんのブログをチェックしてみてください!!

 

整理収納LABO

 

5月27日・28日の整理収納アドバイザー1級予備講座は宇都宮市のパルティ栃木男女参画センターでの開催です。

詳細は今月末にハウスキーピング協会HPに掲載予定です。

 

 

0 コメント

産業カウンセラー、合格しました

整理収納作業でお客様のところにうかがうたびに感じるのは「会話って難しい」ということ。

厳密に言うと、「話を聴くのは、熱意だけではだめ」ということ。

場を整えるのは、「どんな暮らしがしたいのか」という理想ありき。

そのためにお手伝いするのが私の仕事なのです。

 

聴く勉強がしたい。

そう思って2年前、カウンセリングの勉強を始めました。

ただ、東京まで電車で通うのはつらいということで、車で通えるのが産業カウンセラー養成講座の宇都宮教室だったのです。

 

産業、という名のとおり、受講されている人はハローワークにお勤めの方や会社の総務や人事の方がほとんど。場違いだなーと思いながらも、せっかく入ったのだから、と通い続けました。

 

結論としては、どの業種であれ、聴くという姿勢はどれも同じ。

傾聴という姿勢です。

ちょっと長くなるのでまた別の機会に書きたいのですが、産業カウンセラーは心理学者、カールロジャースの来談者中心療法がベースになっています。

 

来談者中心療法は一言で言うと

今ここにある気持ちをそのまま受け止める。

ということ。

 

「どんな暮らしがしたいのか」という問いの前に、

今ある気持ちとか、現在の環境の中で感じていることをそのまま話してもらう。

その上で、気持ちよく作業に入って欲しい。

そんな整理収納アドバイザーになりたいと思っています。

 

傾聴は訓練しなければ磨かかれません。

今年資格を取っただけでそれが身についたとは思いませんので、これからも仕事を通じて勉強していきます。

話変わって。

昨日、セミナー受講のため、クリナップキッチンタウン東京に行ってきました。

セミナー終了後の15秒自己紹介で、ぴったり15秒だったごほうびにワインいただきました(コーディネーターの窪田さん、ありがとうございました!)。

 

今日は祝杯をあげたいと思います。

0 コメント

打ち合わせ&勉強会の一日

今日は東京まででかけてきました。筑西からは2時間半(乗り継ぎあるとそれ以上)かかります。午前中にハウスキーピング協会に、新しい講座についての打ち合わせ。

午後は新宿へ。昨年オープンしたクリナップキッチンタウン東京でセミナー受講です。

のんびりしているようですが、私もセミナー講師のはしくれ。自己研鑽は欠かせません。

 

セミナーは会議室でしたが、1Fにはこんなに素敵なショールームが!お料理の先生がここで教室をすることもできるそうです。

キッチングッズや書籍などを買うこともできます。

私が勉強してきたのは「企画書の作り方」。

ありがたいことに依頼がきて、のお仕事が圧倒的に多い私。でも自分で「こんな講座どうですか」という提案型の仕事があってもいい。というか、新しい価値を提案するためにはそうしなければ!と思うようになりました。

講師の高橋みず保先生は、金融業界でバリバリ働いてきて現在はホールフード協会という食と健康に関する社団法人のお仕事をされている方。オフィスワークの経験がない私には、企画書は敷居が高いものでしたが、女性だからこそ書面にして、動いてみよう!というお話でした。

セミナーのあとは、おちゃとお菓子での交流会。

お料理教室のいかにも上品な先生方の中で浮きまくりなのは覚悟のうえで、せっかくなのでお上品の世界もみてみたくて参加。

写真奥のフィナンシェは、参加された先生が作られたもの。桜の塩漬けが入っています。甘い中にほんの少しの塩気が美味!

今回の講座では企画書を作る以前の土台づくりとしてブログを書きましょう、ということでした。

 

分かってるけど、できないんだよなぁ。。。

 

でも、できない理由を並べてばかりじゃダメだよね。

読んでくださった方にお役に立てる内容がかけるようがんばります。

 

0 コメント

吊戸棚は使用頻度で定位置決めを!

最近はアイランドキッチンなど、キッチンがリビングとダイニングと一体している家も増えていますが、まだまだ吊戸棚(ウォールキャビネット)のついているキッチンも健在です。

限られたスペースでは、貴重な収納。上手に使いたいものです。

とはいえ、目線よりもずっと高い位置の収納ゆえ、小さいものは押し込んでしまうと見えなくなってしまう、つまり死蔵品になってしまうことも。

我が家の吊戸棚です。

幅450㎜がひとつ、900㎜がひとつあり、写真は幅450㎜の部分です。

ここはお菓子作りや手作り食品用グッズの収納です。

 

毎日使うわけではないけれど、比較的使うフードプロセッサーとミキサーは手の届く位置へ。

ちょっと手を伸ばさなければならない高さの、お菓子作りグッズ。高い位置ですが縦の取っ手のおかげで踏み台なしで持ち降ろせます。

一番上はプラスチック食器。災害用です。

吊戸棚は苦手!という人も高さを分割して、使用頻度を考えたモノの定位置を決めてみてくださいね。

3 コメント

通信?通学?整理収納アドバイザー講座

新年早々、ユーキャンのコマーシャルの影響か?開催直前のお申込みをたくさんいただくようになった「整理収納アドバイザー2級認定講座」

 

マナトピより

DAIGOも挑戦中! 「整理収納アドバイザー」ってどんな資格?

http://manatopi.u-can.co.jp/helpful/160101_716.html

 

整理収納の考え方を学ぶ講座なので、「どんな人でも」、「どんな場所でも」、「時間の有無にかかわらず」、リバウンドしない整理収納を学びます。

 

「ユーキャンの講座と教室の講座はどう違うのですか?」

と聞かれるのですが、内容は全く同じです。

ユーキャンは

2級アドバイザー → 1級講座  ここまでが料金に含まれています。

だから、基礎を学んで1級受験はどうするか考え中の方は教室に来ていただく方が少し安いです。

 

ただ、仕事や家庭の都合で講座に来られない方は、通信講座でも大丈夫!

DAIGOのように、テキストで勉強できますよ。

 

余談ですが、ユーキャンのテキストは本当によくできています。

私もインテリアコーディネーターの筆記試験はユーキャンのテキストで勉強しました。

整理収納アドバイザーを勉強したら、是非インテリアの勉強も役立ちますよ。

ユーキャンは模擬試験や過去問が少ないので、ハウジングエージェンシーのテキストや模試を使っていました。

http://www.lic-book.jp/

 

こちらもオススメです。

使える?使う??

毎年毎年、年末に夫に訊きます。

「これ、使う?」

ラジカセと、オーディオコンポのタイマー。

 

ラジカセ…。カセットなんて聴くのかな?

タイマーあっても、肝心のコンポがないじゃん!!

 

捨てたい気持ちをぐっとこらえる。

これでも一応、お客様対応している整理のプロですから。

 

「これがあることにより、普段使っているものが収納できない」

「この一年使えるかどうかの動作確認もしていない」

「電気製品はしばらく使っていないと事故になるかも」

「最新式のものを買う、という選択肢もある」

「カセットを聴くなら、もう1つのカセットプレーヤーで聴ける」

 

以上の話をしても、

「使えるから、とっておいて(怒)」

 

あーあ、今年もダメか。

でも、「1年間使っていないから」という言葉反応したのか、家の隣の不用品が集められた納屋に移動になりました。

(本来はこれは「整理」ではありません)。

 

いくら使っていないからといっても、他人のものを勝手に処分してはいけませんよ。

なぜ整理する必要があるのか、伝えてみてください。

捨てることだけが整理ではありません。納得してもらうことが大切なのです。

 

 

1 コメント

空気は収納しちゃダメ!

新年あけましておめでとうございます。

本年も(は)ブログに、整理収納アドバイザーらしい記事を更新してきますので、よろしくお願いいたします!

 

さっそくですが、正月らしくない地味な記事から。

 

食品を収納するジッパーつき袋が我が家では大活躍しています。

野菜も時間のある時に、ざくざくっと切って冷蔵庫に入れておけば夕方の忙しい時間にも重宝するので。

 

 

 

 

私が使っているのは大小2サイズ。

有名メーカーのではなく、スーパーのプライベートブランドのものです。

使い勝手はよいのですが、箱が大きい!

 

食器棚の引き出しに入れて、ボックスティッシュのように上から取り出す。

便利だけど・・・。

 

箱、なくてもいいんじゃない?

 

なんでこんなことに気づかなかったのか。

早速箱をはずして大きな袋にひとまとめ。ついでに吊り戸棚下段に収納場所を変えました。

ここなら振り返らずとも取り出せるので便利♪

何より、収納スペースが増えました。今まで空気まで収納していたんですね。反省。

 

みごと、コンパクトに!

 

ちなみに、ジッパーつき袋は一度使ったくらいでは捨てません。

 

サラダ用野菜

↓(洗って干す)

加熱用野菜

↓(洗って干す)

肉や野菜の漬け込み下ごしらえ または カレーやキムチなどにおいの強いものの保存用。

洗わずに捨てる

ちなみに、粗品で消耗品を粗品でもらったら「いつか使うかも」なんて大切にしまいこまずに、どんどん使いましょう。

便利なものはすぐに使うと時間も手間も短縮できますよ~。

0 コメント

ひたちなか市男女協働参画課様主催セミナー

11月20日にひたちなか市男女協働参画課様からご依頼いただいた「がんばりすぎないシンプル片付け術」セミナー。

定員を上回るたくさんの方にご来場いただきました。本当にありがとうございます。

 

「片付け」という言葉に、どんなことをイメージしますか?と聴いたところ、

 

・面倒

・やらなければならないけどやりたくない

・いつも夫に怒られている

 

・スッキリ

・毎日の積み重ね

・断捨離

 

などという声が上がりました。

私自身、片付け下手でしたがその一番の理由は「自分にとって何が必要かが曖昧だったこと」に尽きます。

そして手順を守ること。その場しのぎでなんとなく視界からモノが出ていなければOKではなく、使うための整理であり、収納です。

 

きっと講座に来ることで、気持ちの整理ができたのではないかなと思います。

いつも思うのですが整理収納アドバイザーのお陰で片付きました、といわれるようではまだまだ・・・だと思っています。

講座はあくまでもきっかけにすぎないのですから。

どうか、整理→収納→片付け→掃除とリズミカルに年末をすごせますように(そして私も!)

0 コメント

リビングとちぎにてキッチン収納記事掲載されました

栃木リビング新聞社のフリーペーパー「リビングとちぎ」にて使いやすくてキレイに保てるキッチン収納の取材協力をしました。年末の慌ただしさにブログに掲載するのも忘れる程でしたが、編集部の砂田さんから読者の皆さんからの感想が送られてきて、本当にうれしく思いました。

(一部抜粋)

・「少しずつ部屋をすっきりさせることで、不思議とこころも軽くなるものですよね」

・「普段から栄一を決めています。自分のやり方が間違っていないの嬉しかったです」

・「調理台の上にものを置かない、というだけでも大切な言葉を学んだ気がします」

・「キッチンはきちんとしておくのが料理も安心して早くできる。だから『き(っ)ちん』っていうんですかね」

 

今回の記事はかわいいイラストで情報も少なく大事なポイントのみ。

砂田さんが言葉を整理して素敵な記事に仕上げてくださいました。バックナンバーはリビングとちぎから見られます。是非年末の大掃除の参考にしてみてくださいね。


0 コメント

茨城新聞に掲載していただきました

茨城新聞日曜版12月20日号「テイスト」3ページ目に掲載していただきました。

収納についての記事を掲載していただくことはあったのですが、整理収納アドバイザーの私を記事にしていただくのは初めて。緊張しました。

 

この仕事をはじめたいきさつやお客様と接していくなかで気をつけていることなど、普段の暮らしの中でできるちょっとしたポイントなどを話していただけですが、茨城新聞の佐野さんが優しい文章にまとめてくださり、カメラマンの石川さんが実物よりもかっこよく撮ってくださいました。

本当に感謝!宝物にします。

 

一世帯あたり全国一の敷地所有面積を誇る茨城では、まだまだモノを整理してスッキリ暮らすという文化がなじまないかもしれません。整理は捨てることではありません。捨ててもまた買えば同じことです。

整理とは自分軸で前向きに生きるためのコツです。

年末の大掃除のときに、ただ捨てるのではなく、感謝して手放してみてください。

来年にはもっと自分にあったものに出会えるはずです。

 

茨城新聞日曜版

http://ibarakinews.jp/taste/pdf/487.pdf

 

0 コメント

水戸市で男女平等参画課様時短整理収納セミナー

昨年から男女平等参画課の石塚さんから、「絶対に12月5日、空けておいてくださいねっ!」と言われていて、やっとやっとのこの日を迎えました。

みと交流プラザは、水戸のシンボル芸術館の真ん前。

震災で、しばらく使えなかった時期もあるそう。改装してまだ1年くらいなのかな。

中はピカピカです。

写真は青空にそびえたつ芸術館のタワー。

今回のタイトルは「働く人のための 時短 簡単おかたづけ講座」

水戸市の市長さんは、家事も育児も男女平等に、ということを推進しているそうです。

 

現実的に難しいところはありますが、そういう意識をもっていかないと「主婦がやって当たり前」になってしまいますからね。

安倍首相が掲げる「女性が輝く社会づくり」のための小さな一歩。

それには輝くための休息やスキルアップの時間が必要。

それを整理収納で何とかできないかな、というお話をしました。

当初の予定数をはるかに超える方がご来場くださいました。

土曜日のこんなによいお天気の日に!もう感動です。

聞きに来てくださった皆様ありがとうございました。


おまけ:

(左)講座の時にいただいた水戸市の名水。普通の水だなーと思ったら「水道水」と書かれていた!

でもみとちゃんかわいいので記念に一枚撮ってみました。

(右)講座後、息子の学年の保護者&先生方との忘年会。おいしい宮崎地鶏のお店でした。おいしいものがたくさん出たのにおしゃべりしててあまり食べられなかった~。あまりこういう場で写真を撮らないのですが、私たちのためにプレートにメッセージを書いてくれた店員さんは茨大の女の子。ありがとう!

2 コメント
iPhoneから更新?